設立のための手続き|飲食店の業務をスピーディーにする秘訣|POSで業務の効率化

飲食店の業務をスピーディーにする秘訣|POSで業務の効率化

設立のための手続き

会社

香港に会社を設立するには3つの方法がありますが、ここでは最も一般的な法人企業の設立に焦点を当てていきます。まず香港に会社設立するまでには3ヶ月程度はかかります。会社設立のみであれば2週間から3週間もあれば可能ですが、銀行の口座開設なども含めるのであれば、やはりこのくらいはかかります。また、最低資本金は1ホンコンドルから可能になっていますが、実質的にはそのような会社設立はありません。10000ホンコンドルは用意します。資金を用意したあとは、香港の法人企業として会社名の予約と登録を行う必要があります。香港で会社設立するときには、自身が希望する会社名が既に登録されていないか調査しなければいけません。

香港で企業を設立するには登記を行わなければいけません。登記手続きには2000ホンコンドル以上の費用はかかります。登記手続きを終えた後には、会社の定款などを作成していきます。もちろん、専門業者がいますので、これらを任せておけばすべてやってくれます。会社の登記の後には商業登録も忘れることなくしておきましょう。香港では税務局で商業登録することが義務付けられているからです。毎年更新し続けなければいけませんが、最大3年間有効な登録証も取得可能です。他にも銀行口座の開設や株式の発行やるべきことは多くありますが、これらの作業は英語で行う必要がありますので、英語が苦手な人は専門業者に依頼しましょう。最後に資本金の払い込みをして終わりです。